アイムジャグラーの機械割

アイムジャグラー

スロット初心者の頃はあまり機械割が指す具体的な内容を考えずに、分かりやすさや楽しさを中心に台を選ぶことが多いでしょう。

アイムジャグラーの機械割機械割が指す具体的な内容を正しくしっかりと知識を蓄えておくと、機種ごとの比較がしやすくなり機種選びがやりやすくなって行くのです。

今回はアイムジャグラーの機械割に機械割が指す具体的な内容について詳しく説明させていただくのでぜひ最後まで御覧ください。

アイムジャグラーの機械割ってなに?

機械割(割数、出玉率)とは、アイムジャグラーの各設定に応じた還元率の事を指します。

他の呼び名ですとペイアウトと呼ばれたりします。

具体的な数字の基準を紹介


これはアイムジャグラーに限った話ではありません。
スロット全体を通して共通の見方ができるのが機械割が指す一つの目安となるのです。

詳しい数字のみかた

具体的な指標としては、終始がプラマイゼロになるラインが機械割100%となり、100%を下回るとその割数に応じた損が出る計算となるのです、100%を超えると数字に応じた利益が出てくる計算となります。

人気機種アイムジャグラーEXの機械割を紹介

それでは実際の機械割をホールの超人気機種であるアイムジャグラーEXを例にして見てみましょう。

出玉率と書いてある部分が今回のテーマである機械割となっています。
設定1の数字が95.9%から始まり、少しずつ上昇して設定6では105.2%になっていることが表を見ることで分かるのです。

終日打ち切ったときのアイムジャグラーEXの設定1の差枚の目安

アイムジャグラーEXは1回転回すためにはメダルを3枚使用することになります、丸一日ぶん回した時には3万枚のメダルを使用することとなり、その95.9%が小役も合わせて1日で還元されるという過程で計算してみましょう。

こちらを電卓で計算してみると1230枚負ける計算となりました。
約25000円くらい負けてしまう計算となり、アイムジャグラーEXは安定感のあるAタイプですので手堅く負けてしまうのです。

反対にアイムジャグラーEXの設定6の機械割は?

続きまして機械割を基にアイムジャグラーEXの設定6のポテンシャルを算出していきたいと思います。

丸一日ぶん回した時には3万枚のメダルを使用することとなり、その105.2%が小役も合わせて1日で還元されることになるのです。

設定6の機械割を基にして差枚数を算出してみると1560枚のプラスとなることが計算できました。

設定1のアイムジャグラーEXとは真逆とも思える還元率となっていますね!

設定6のアイムジャグラーEXの機械割は甘い?辛い?


スロットにはアイムジャグラーEX以外にもたくさんの機種があるわけですがどれくらいの立ち位置になるのでしょうか? 設定6のアイムジャグラーEXを例に一緒に考えていきましょう。

結論から伝えるとアイムジャグラーEXの設定6の機械割は辛めとなります。

ホールには最高119%の機械割を持つ機種もあります。
もの凄く機械割が高くなっている機種と比べるとアイムジャグラーEXは5000枚や10000枚といった大きな出玉を抱える可能性が低くなっています。

機械割が低いことによるメリットは?

しかしアイムジャグラーEXはAタイプならではの安定感があり機械割が抑えられています。
そのため設定6が入りやすい機種と解釈できるのです。

アイムジャグラーEXの機械割が指す具体的な内容のまとめ

アイムジャグラーEXの機械割が指す具体的な内容を詳しく掘り下げていきましたが、皆さんは差枚数について具体的に計算したことはありましたでしょうか?
以下に今回の記事をまとめましたので、是非今後の立ち回りの参考にしてください。

  1. アイムジャグラーの機械割ってなに?
  2. 具体的な数字の基準を紹介
  3. 人気機種アイムジャグラーEXの機械割を紹介
  4. 設定6のアイムジャグラーEXの機械割は甘い?辛い?
  5. 機械割が低いことによるメリットは?

総括しますと、アイムジャグラーEXは機械割は抑えめですが、ホールからしてみると設定6が使いやすい機種NO1と言っても過言ではありません。
機械割は単に高ければ良いという訳ではなく、バランスが非常に大切となっていくのです。ぜひ今回の記事を参考に、これからの機種選びの役に立てれば嬉しいです!

関連記事
アイムジャグラーの勝ち方
アイムジャグラー設定判別

コメント

タイトルとURLをコピーしました